忍者ブログ
ぶどう栽培農家の農園経営奮闘記
[20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

加温ハウスのボイラーに火を入れてかなりの日数が経った。
昨年はガスのボイラーオンリーだったが、今年は灯油のジェットヒーターが大活躍している。

ガスボイラー  灯油ジェットヒーター

・・・で、ガスボイラーの方はどうにもならないが、灯油のジェットヒーターの方に”MPG-Caps(ガスピル)”なる錠剤を投入している。

ガスピル

そもそも”ガスピル”なるもの、自動車用のサプリメントであり、燃料(ガソリン、ディーゼルなど)を完全に近い状態で燃焼させる為、燃費が伸び、排気ガスが極端に削減されると言う優れもの。我が家の車での効果の程はまた後日報告するとして、物は試しに暖房機にも使用してみた。

自分はドラム缶を改造して燃料タンクにしているのだが、

自作のドラム缶燃料タンク

このドラム缶1本に対し、”ガスピル”2錠を投入してみた。

使用する前日までは、朝、ハウスに入ると、凄く灯油の匂いが鼻についていたのだが、”ガスピル”を使用して以来灯油の匂いが全くなくなった。

いままで、ガスのボイラーのメーターが、一晩で70~100c㎥回っていたのが、投入後は25~50c㎥しか回っていない。昨夜も、かなり冷え込んでたのに30c㎥しか回っていないのである。それも設定温度を3℃ほど上げたのにも関わらずである。

匂いが無くなったと言う結果から、おそらく不完全燃焼が無くなり、その結果火力が上がり、ハウス内の温度が急激に上昇したのではないかと思う。
まあ、当初に比べては夜温も少し上がっているので一概には判断出来ないが、それでもかなりの燃料費の節約、及び環境保護にはなってると思う。

[参考]
http://ffi-impression.com/gas/index1a.php?id=bonresu0514

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
忍者アド
広告


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
BlogPet
最新CM
[12/06 むしめづるかい]
[12/03 ケンタパパ]
[11/30 ぺこ]
バーコード
プロフィール
HN:
aki
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1963/05/14
職業:
農業
趣味:
ネットサーフィン
自己紹介:
広島県南部でブドウ栽培をしてます。
私の手がけている品種はピオーネ、安芸クイーン、藤稔を栽培してます。最近は藤稔を伐採し、ニューベリーA、ゴルビーに改殖中です。
面積は加温ハウスが約75a
トンネルメッシュ約75a 併せて150a程度あります。




ブログ内検索
アクセス解析
トラックワード
フリーエリア
フリーエリア